呼吸法

呼吸法

人の「表層心理」と「深層心理」を読み解く(止息法は深層心理を柔らかくする)5

さて、最後はいかに「深層心理」の「根拠の無い 自信」に「良質の経験」による「自信」を「上書き」 していくか?について考えていきましょう。 例えば、あなたが「仕事」において、何か「問題」が 発生したときに「さて、どうし...
呼吸法

新、本当に使える「呼吸法」の正体(白隠禅師の練功)13

本当の「呼吸法」とは《柔、緩、細、長、深、均、軽》 に応じて「変化」させていくべきものであり、 「長吸短呼」から「長呼短吸」まで、様々な「段階」と 「用法」により「使い分ける」べき「厳密」なものなのです。 「陰」であ...
呼吸法

新、本当に使える「呼吸法」の正体(内丹法)12

「氣」は「呼吸法」により「練られ」ます。その「進み」 とは、この世の「水」の性質にも似ており、最初は 掴み所の無い「気体」から始まり、さらに「収束」が 重なり、流れる「液体」、そこから、 更に「火」にかけて 「煮詰め...
呼吸法

新、本当に使える「呼吸法」の正体(中国最古の呼吸法、六字訣)11

中国において、最も古い「呼吸法」とされる「六字訣」 です。「マントラ=真言」に限らず、「内丹」の「呼吸法」 には「音」を伴わす局面があります。それは「武術」に おいても「勁=けい」を伴う「動作」に合わせて「フン!」 ...
呼吸法

新、本当に使える「呼吸法」の正体(吐納の吐気)10

「呼吸法」による「氣」の発生と、「中医」における 人の「五臓六腑」の「関係性」に付いては、また別の 「テーマ」として解説をいたします。 「呼吸法」においては「吐納」の「吐気」も非常に 大きな「要素」を持っています。「...
呼吸法

新、本当に使える「呼吸法」の正体(腎は納気を主る)9

「納気=吸気」において「古式マスターヨーガ」「内丹法」 共に、「最大限」に「空気」を取り込み「肺」を膨らませ、 「胸を持ち上げる」為に「横隔膜」を「上げる」動作を用い ますが、この行動だけでも「医学的」には「交換中枢神経」...
呼吸法

新、本当に使える「呼吸法」の正体(吐納秘訣)8

我々は普段においては、意識する事のない「不随意呼吸」 をしています。「呼吸法」の「各流派」と「段階」により 「順腹式呼吸」と「逆腹式呼吸」は「使い分けられて」 いるのですが、主に「武術系」を始め「氣」の「練功」に 重...
呼吸法

新、本当に使える「呼吸法」の正体(順・逆 腹式呼吸)7

「太極」「内丹」において「順腹式呼吸」「逆腹式呼吸」 は「文息、武息」と表現されます。「文息」とは「文人」 例えば「書家」や「もの書き」「画家」「学者」等に 携わる人々を示し、「武人」とは古くは「武士階級」や 「武」...
呼吸法

新、本当に使える「呼吸法」の正体(体得の理論)6

「仙術」「仙道」を通して、「本」を頼りに「自己流」で 「呼吸法」を頑張られている方は、現代では非常に多くなった と思われます。その全ての方々に「手応え」が有れば、 非常に良い事だと思いますが、「諸条件」を整えていないと ...
呼吸法

新、本当に使える「呼吸法」の正体(武息)5

我々「氣塾」の使用する「古式マスターヨーガ」、 「武当派太極内丹法」どちらの「流派」も「吐納派」と 呼ばれる「呼吸法」の「練功」に重点を置く「流派」です。 「空気」を「最大限」に使用、制御する為に「口吸口吐」を 前提...
タイトルとURLをコピーしました