「呼吸法」の正体(呼吸法により「チャクラ」を作動させる為の「最低限の条件」)3

呼吸法
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

「インド」において「呼吸法」は「ヨーガ」として
「開発研究」が「約5000年程前」から続けられてき
ました。それは「氣=プラーナ」と、その力を生み
出す「チャクラ」の発見により「ヨーガ身体観」が
確立される事に繋がります。現在「インド」には
「約10000種類以上」の「ヨーガ」が存在すると言
われていますが、保守本流の「伝統的ヨーガ」には、
本来、必ずその流派独自に開発された「呼吸法」が
存在するものです。
《それを受け継ぐ「氣塾」の私からすれば「呼吸法」の無いヨーガとは、「基礎体力」を鍛えない「武道」と「同じ」と言える訳で、「基礎体力」無しにどう「強くなる」つもりなのか?と問いたい事になります》
「武道」でも「スポーツ」でも「いざ競技」に入る際
「呼吸を整え」「精神の集中」を作りますが、それ程
に「精神と呼吸」は繋がっているのが分かるのなら、
誰もが「呼吸法」を学ぶ事によって「いざという時」
の自分を「制御」する術となるのは、疑いの無い事実
だと言えると思うのです。

古来から《「氣」は「気=呼気」と共に在る》と言わ
れてきました。「チャクラ」とは体内を流れる「氣」
により「回転」する「水力発電機」の様なものです。
この体内を循環する「氣」の「動力源」こそが「呼吸」
なのです。この「吐く息」に乗って「チャクラ」は回
転して「氣=プラーナ」を発電します。
この「チャクラ」を作動させる為には、幾つかの条件
を整える必要があります。それは、
1、成人特有と言える「気脈の詰まり」を取る必要が  ある。
2、普段あまり使用されていない「チャクラのサビ付  き」を取り作動可能にする必要がある。
3、三ヶ所に存在する「気の逆流」を防ぐ為の気脈内  に在る「結節=グランティ」を破る必要がある。
4、具体的に「チャクラ」を回転させて「氣」を発生  させる為の各種「呼吸法」を体得する必要がある。
これは「最低限の条件」となります。更に言えば、
他流派とは異なり「古式マスターヨーガ」においては、
「氣」を発生させれたとしても、その「氣」が長らく
大量に「頭部内」に留まり、必要以上の「圧力」を生
むと、その人の「思考の仕方」次第で「慢性的な偏頭
痛」や「禅病、偏差、クンダリニー症候群」等に陥い
る可能性も出て来ますので《予め「7番(百会)の蓋」
を開けておく事》これもとても重要になります。
まあ、この様に安直ではありませんので、くれぐれも
《「素人さん」の「自己流、我流」は「間違いの元、怪我の元」ですから、正しい流派に入門して習う様にして頂きたいと思います。》
もしくは、正しく「氣塾」に尋ねてくださいませ。

《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャクラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました