「瞑想」とは「遮断」して「ズラす」技術(そもそもあの世では目も耳も鼻も口も無い)3

このブログは現在2300本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《「瞑想」の根本的な「命題」とは、如何に「この世 」
に居ながら、「あの世」と「この世」にまたがる
「世の諸法則」「理=ことわり」を「悟るか」という
ことにあります。》

前項までの解説の通り、その為には「この世的」なもの

に「反応」してしまう「生存本能」と「肉体」そのもの

が、元のままでは、どうしても「邪魔」になるのです。

これをどうにかする為には、方法は限られています。

《それは、如何に「この世」に居ながら「目」「耳」
「鼻」 「口」「感触」に捉われない「感覚」を「身に
付けれるか?」これが「鍵」となります。》

それは「色」を「見ずに聞く」事かも知れませんし、

「音」を「聞かずに見る」事もあるでしょうし、

本来の「魂」には「目も耳も鼻も口も手も足も」

「付いてはいない」のですから、

《全てを統合した 「超知感的感覚」において、正に
「全身全霊」で「受け取るべきもの」とも言えます。》

それは「心眼」とも表現されます。または「全知達観」

として「現れる」ときもあるでしょう。

それらは決して「特別、特殊」な訳でもない筈なのです。

《つまりは「起きている」「覚醒意識」にありながらも
如何にして「周囲の物事」の出す「動き」や「物音」の
「刺激」から「感覚的」に「遮断」することが出来る
のか?ということなのです。》

例えば、昔から「全盲」の方が「按摩=あんま」や

「鍼灸」を進んで行ない、また、普通の「施術師」より

「感覚」「センス」的にも格段に良かったりする訳です。

これは、私が「氣塾」で行なう「点穴療法」でもそうです。

その人の《正確な「経絡の位置」を捉えるのを「取穴」と

言いますが、》一般的に「鍼灸」で教えられる「経絡」の

「位置の特定」は「寸尺法」を用いるのですが、当然、

現代人では人により「体格」は「大きく違う」訳ですから、

「何尺何寸」では「特定にズレ」が生じてしまうのです。

「では、どうするか?」と言いますと、

《「基本的には見ません」、目をつぶり、手のひらと指先
に「全意識を集中」させ、「氣」の「漏れ出ている所」の
「経絡」を索敵して「感じ取る」ことにより「特定」して
いるのです。》

《つまりは「見えている方」が「感覚的」には「邪魔」で
いっそのこと「見ていない方」が「正確に特定」出来る
のてす。》

実際、「内丹法」の「師匠」である「陳 老師」は、

《「経絡の名前」は必要ナシ、その名前に長けるより、
「取穴」は「目に頼るな」「手の感覚」と「心眼」で
「全身全霊」で行なうべし。》

と教えられました。「手のひらと指先」そして「心」で

行なう「取穴の感覚」さえ「習得」すれば、返って変に

見ない方が?「上手く出来る」のです。

《つまりは「瞑想」における「ズラす技術」の「根底」
にあるのは、周囲を「遮断する技術」となるのです。》

では「瞑想」において重要な「遮断する技術」と

「ズラす技術」を一部解説して参りましょう。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 公式サイト|古式マスターヨーガ・武当派太極内丹法
陰の氣を操る古式マスターヨーガと陽の氣を操る武当派太極内丹法を伝授する 呼吸法 気功 瞑想教室です。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました